国は特定のリフォームをしたり、リフォーム資金の贈与を受けたりした場合には税金が安くなりリフォームの減税を実施しています。それによって安くなる税金は所得税、固定資産税、贈与税の3つになります。

所得税は省エネや耐震、バリアフリーのリフォームをする場合には一定の要件を満たしていれば確定申告をすることによって所得税が安くなります。
投資型減税は自己資金を利用して一定の要件を満たした省エネのリフォームや耐震リフォーム、バリアフリーをした際に必要書類を添えて確定申告をしますと限度額を上限とした工事費用の10%分の所得減額が安くなります。

ローン型減税としてはリフォームローンなどを利用して省エネリフォームとしてローン残高を上限として5年間に工事費用の2%または1%の所得税がやすくなるといったことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る