賃貸借契約には欠かせないことの1つに原状回復工事があり、使用年数や使い方によって異なる部分も多く、貸し主の判断による部分も多く、原状回復は、どこまで借り主の負担が必要であるのか、最も費用の負担が考えられる原状回復工事の必要性と種類や相場をしっかりと把握しておくことが望ましいようです。

原状回復とは賃借していた物件を借りた時の初めの状態に戻すことを言いますが、国土交通省によりますと、賃借人の故意・過失によるもの、または善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損などを復旧することによる原状回復を借り主負担のようです・

すべての賃貸借契約に同一の内容といったことではなく、費用の負担割合なども含め多くは契約書に記載するべきことのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る