時期に応じたメンテナンスを部位別に行う。

住まい手の家族構成や生活スタイルは時間の経過とともに変化し、子どもの成長にしたがって住まいが狭く感じてしまったり、セカンドライフにふさわしい間取りや快適性がほしくなったりします。
10年先、20年先を想定したリフォーム計画を検討し、準備をしておくと安心です。

住まいは水周りや開口部、壁といた様々な部位で構成されており、それぞれの修繕時期や耐用年数を考慮し、ンテナンスを行ったり、結露や騒音を防止するといった修繕を行い、寿命を延ばしていくといった方法を行っていきます。

まだ大丈夫とおもって住まいのメンテナンスや修繕時期を見誤ると腐食が進行するなどしてしまい採取的にリフォームの費用が増加してしまうことになってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る