リフォームはまず点検と診断が重要

いままでは日本の住宅は焼く30年で立て替えることが多いとされていましたが、すまいの蝶寿命化が少しずつ進み欧米のようにながく大切に済み続けることができるようになってきました。

政府も住まいの長寿命化のために対深夜省エネやバリアフリー改修などの税制の優遇など中古住宅の流通等積極的に取り組んでいます。
安全・安心で快適に住み馴れた家で暮らしていくためには適切なメンテナンスを継続していくことやライフスタイルに合わせたリフォームをおこなっていくことが重要です。

最近も増えてきている地震への不安や住まいの傷み、建ててから時間が経過していくことによってメンテナンスも必要になってきます。
家全体をチェックすることで、見えない箇所、隠れた問題点などを発見することが出来るかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る