使い勝手が良くなる?キッチンレイアウトにリフォームしよう!

キッチンをリフォームするなら、使い勝手を考慮してレイアウトを選びましょう。

キッチンの動線はワークトライアングルが重要ですから、冷蔵庫とシンクとコンロの位置関係と距離を考慮して配置する事によって、効率的な家事が実現できるのです。

キッチンの間取りにも幾つか種類があり、オープン型はリビングとダイニングが一体になっているため開放感があり、セミオープン型はカウンターが取り付けられているという特徴がありますよ。

間取りは既存のスペースを考慮しつつ選ぶ事によって費用を抑えられますので、ライフスタイルや家族構成に合わせて選びましょう。

キッチンを使用する人数が多いのであれば、通路幅も確保する必要がありますし、最も使用頻度が高い人の身長に合わせて設備の高さを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る