断熱リフォームは天井と屋根にやるべき?

天井と屋根のリフォームで断熱効果を高める事ができますが、注意するべき点もありますのでご紹介いたします。

屋根の断熱ではデッドスペースを活用したり、夏も快適に過ごせるという特徴がありますが、屋根は面積が広いと工事に時間がかかってしまいますし、断熱材をたくさん使う事になるので高いコストがかかる事が考えられるのです。

天井の断熱は屋根の工事よりもコスパが抜群で電気代も抑えられると言われていますが、寒い所など地域によっては換気が必要になり、換気しないと結露が発生したり、住宅の劣化の原因になるので注意が必要ですよ。

寒い冬も自宅で快適に過ごすためには断熱性能は必要不可欠ですが、自宅の構造や状態によって断熱リフォームの方法や費用は異なるため、断熱リフォームのプロに依頼すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る